Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 103 迷ってるなら

ラピスラズリ 103 迷ってるなら

ネイリストさんは佐伯さんと言った。
年齢は私と同じだそうだ。

友達も、元彼も、後輩も、
岡田さんも、みんな結婚か…


そう思ったら、
天野さんに人前で怒鳴られたり
田島さんにときめいている自分は
何に向かっているのか見えなくなる。


人と比べたって仕方ないけれど。



佐伯さんは、
「開店したらメールでお知らせしますので、
近くまで来られたらお立ち寄り下さい」
と言っていた。


なかなか行けないことを
お互いわかってはいるが
これで終わりではないと思うと
しんみりしない。


「いつか、彼氏さんと来てください。
近くに温泉もありますよ」


温泉…!それは魅力的。


佐伯さんの地元は南の方で
行ってみたい気もする。




「ぜひ行きたいけど…
私…彼氏できるのかなぁ」



聞こえるか聞こえないかぐらいの声で
呟いたら、しっかり聞いていた
佐伯さんが笑った。


「迷ってるなら、
飛び込むのもありだと思いますよ」



結婚に飛び込んだ佐伯さんの言葉。

いつも、彼女の言葉は私の胸に響く。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。