Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 102 ネイルオフ

ラピスラズリ 102 ネイルオフ

そうやって、田島さんに
冷やかされると微妙な気持ちになるな。


胸が痛む。


帰り道、ネイルサロンの前を通った。
空いていそうだったらオフを
お願いしようと思ったからだ。

幸い、お客さんが途切れた時間帯だったらしく、
快くオフしてくれた。

少し爪を休ませたかったからだが、
ネイリストさんはこう言った。


「山下さん。
私、結婚することになりまして、
このお店たたんで地元に帰ります」


岡田さんに続き、ネイリストさんまで
ご結婚?

旦那さんになる方は、地元の友達だそうで
地元でまた落ち着いたら
ネイルを始めるらしい。


「おめでとうございます、びっくりです…」


「ふふふ。ありがとうございます」



結婚が決まった女性特有の
フェロモンはある気がする。

微笑まれただけで、輝くように美しく感じる。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。