Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 254 田島編

ラピスラズリ 254 田島編

「なんで?……ねえ、隼人……」

泣きじゃくるマリに、
何の言い訳もできなかった。


いつか、マリとの未来があると
思っていたはずなのに

そしてマリもそう思っていたはずなのに

佑香の体を思えば、
答えはひとつしかなかった。


「ごめん。ごめん…でも
佑香を放っておけない」









それから、マリとは会っていない。



マリが去って、淳が離れた。

佑香が妊娠していたかは、
今となってはわからない。


それというのも、
その後流産したと聞かされたからだ。

彼女は、病院にも行って
診断を受けたと言っていた。


佑香は、俺のそばを離れず、
なあなあにつきあうことになった。


「ママがね、隼人と会ってみたいんだって」

そう言われて、一度挨拶に伺った。
それを機に、あれよあれよと結婚することになった。


頑なに拒むほど嫌でもない。

佑香は、どちらかというとワガママだし
文句も多いけど、
女なんてこんなもんかとも思っていた。

もう、恋愛に夢は持てなかった。



仕事では、少しずつ
キャリアが上がっていくたび
上司が俺に、マリと同じことを
言ってくるようになった。


最初こそ反発心も芽生えたが、
マリが、本当に俺を心配していたのが
その時になってわかってきた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。