Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 100 一緒に仕事がしたい

ラピスラズリ 100 一緒に仕事がしたい

「天野が悪いだろ。
女の子に恫喝するような男ダメだろ」


「………」


田島さんは煙草を取り出した。

「ちょっと吸っていい?」と聞かれたので
私の手元にあった灰皿を差し出した。


「とりあえず様子見るよ。
何か困ったことあったらすぐ教えて。
度が過ぎるようなら
人事にも伝えるから」


人事に?


「いえ、私が辞めればいいことなので!」


社内で大事にしてほしくなくて、口を挟んだ。
私のせいで天野さんが処分されたりしたら。

と思ったのだけれど、
田島さんは眉間に皺を寄せる。


「そんな簡単に辞めるって口にするんだ?
…ちょっとショックだな」



あ…幻滅されてしまった。



言い訳のことばが見つからなくて
剥がれかけのネイルを見つめていると、
田島さんはふーっと煙を吐く。


そして、難しい顔をしながら話し始めた。


「山下さんと一緒に仕事するようになって
まだ、半年足らずだけどさ。
今は派遣契約の制約があるから、
決まった仕事しか頼めないけど、
もっと制限なく一緒に仕事ができたらいいなって
俺は思ってるよ」

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。