Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

ラピスラズリ 135 周りのひとたち

岡田さんと二人で振り返る。田島さんはゆっくり、回転イスを回してこっちに顔を向けた。「違うの?」にやにやする田島さん。これは知ってるな…「…岡田さん、行きましょ」「えっ?うん。行こっか」田島さんとの会話を打ち切る私に岡田さんは驚きながら事務所を出た。岡田さんには、萩原さんとつきあっていることは自分の口で言いたい。「るりちゃん、イブ誰とデートすんの~?」お昼ご飯を食べながら、岡田さんが笑ってる。私は、持...

ラピスラズリ 134 冬

沈黙しながら見つめ合う。萩原さんの表情からは何の意向も読み取れない。ご両親に挨拶…!?「…そんな考え込まなくても。別に、深い意味はないよ」萩原さんは、冷めたコーヒーを飲み干して出勤準備を始めた。あ、深い意味はないのね。そう…私も朝食を片づけ、萩原さんと一緒に家を出た。彼と一緒に出勤しているが、まだ社内の人間に会ったことはない。もしかすると、すでに誰かに見かけられていてそれを自分たちが知らないだけかも...

ラピスラズリ 133 内緒

その日から、萩原さんの家に転がり込むように一緒に住み始めた。当面は、職場の皆さんには内緒の関係。田島さんは気付いていたかもしれないが直接言及してくることはなかった。「バレたら認めるけど、からかわれるのが面倒…」という彼の意向に同意した。そうしているうちに、契約更改の時期がやってきた。派遣元に続けたい意志を伝えて更新となったのだけれど、それを萩原さんに伝えたら、「へえ」と気のない返事をされた。「そう...

ラピスラズリ 132 撃退

隙をついてエレベーターまで走り出す。天野さんの、何やら大きな声が聞こえてきたけれど恐ろしすぎて振り向けない。エレベーターに乗る時に一瞬だけ見てみたら、萩原さんが天野さんの胸ぐらを掴んでるのが見えて、目玉が飛び出そうに驚いた。だ、大丈夫なの~っ?天野さんが殴られたら、それはそれで可哀相だし…家に着き数日分の着替えと、メイク道具を紙袋に纏め、新しい服に着替えた。洗濯していく暇はない…か。萩原さんに、ゆっ...

ラピスラズリ 131 偶然

反射的に振り向いたら、天野さんがいた。あれからずっと無視されていたのに、今日に限って会うなんて。…と、いうか待ち伏せしていた?前の恐怖が甦った。天野さんは、怯える私に気付くことなく笑顔で話を続ける。「借りてたDVD返しに来たの。そしたらここ、るりちゃんちの近くだなって。ちょっと待ってみたら会えるのかなって…」確かに近くにレンタルのお店はあるが駅前にもあるはず。天野さんが何を考えているかわからず、何も...

ラピスラズリ 130 名字

「えっ…?」萩原さんの動揺に、焦りを覚えた。「ま、いない名前でもねぇけど…」「…お知り合い、ですか?」良くない予感を抱きながら聞く。萩原さんは、言うか言うまいか決めあぐねているようにも見えた。「その人の下の名前、マリじゃね?」マリさんの名字が佐伯さん…?「あ、でも、年齢は私と同じだと話されていましたよ。最初に名刺をいただいたはずなんですが、紛失してしまって…。佐伯さんとしか呼んでいなかったので…ごめんな...

ラピスラズリ 129 地元

シャワーを浴び、昨日の服に着替えた。まだ私が家にいるつもりだと思っていた萩原さんは、「もう帰るの?」と驚いていた。「着替えないし…」「じゃ、車出すよ。なんか土日予定あるの?」「いえ、特にありません」「……じゃあ、一緒にいたいんだけど。今日も泊まってけば」クールな人からの甘い言葉はものすごい威力で、あっけなく心に刺さる。そうして、家まで車を出してもらう事になった。道中、会話はあまり弾まない。まだ知らな...

ラピスラズリ 128 肌が合う

まだ眠り続けている萩原さんの寝顔を見つめた。若く見えると思っていたけど…5歳上かぁ…もうこの年になると、5歳の違いはあまり気にもならないけれど…この人じゃないとだめだと思えるほどの感情があったわけじゃないし、何となくのはじまり。ちょっとお見合いに近い感覚がある。顔を近づけてキスをしたら、がばっと抱きしめられた。「起きてたんですかっ」「うん。すげー見られてるなと思ってた」すぐにひっくり返されて、昨日何...

ラピスラズリ 127 お泊り

セックスをする前よりずっと、萩原さんに心を持って行かれた。体を許すと、心を差し出す構図になっている気がする。少なくとも、私の場合は。翌日は休みだったので、萩原さんの家に泊まらせてもらうことになった。「用事ないんなら、帰んなくてもいいんじゃね」と言われて、離れがたかった私はお言葉に甘えた。エッチして、すぐ好きになっちゃって、簡単な女だなぁ…でも、こんな単純な面があって、救われた。田島さんに持って行か...

ラピスラズリ 126 絶頂 ★

該当の記事は見つかりませんでした。